レベルアップ!アクセス状況をチェックしてみよう!

アクセス状況を見るために必要なことって?

ホームページを作成したら、アクセス状況を閲覧できるようにしておきましょう。そのためには色々な方法を用いることが可能ですが、一般的におすすめなのは「無料利用可能な、アクセス解析ツール」の導入です。これらはインターネットを通じて公開されており、簡単なユーザ登録などを行えば誰でも自由に使えるものが大半です。
設置方法はツールごとに異なりますが、現在主流となっているものの場合、提供サイトにログインし、特定のキーコードなどを発行して貰います。そして、アクセス状況が知りたいページのHTMLファイルに、そのコードを張り付けておくだけで完了するという、非常に簡単なものとなっています。
ただしホームページを無料レンタルサーバーを利用して公開している場合は、そのツールが利用不可になっていることもありますので、設置前に規約違反となっていないか注意した方がよいでしょう。

見るべきところはどこ?アクセス状況の見方とは

アクセス状況を参照できるようになると、毎日状況を確認して「沢山の人が来てくれた!」とか「全然アクセスが伸びない…」と一喜一憂する人は少なくなりません。しかし、公開してから早くても一ヶ月程度は、よほど頻繁に珍しい情報発信を行わない限り、そう簡単にアクセス数は伸びません。
それよりも「特定のページにばかりアクセスが集中していないか」や「一ページだけ見てすぐ帰ってしまっていないか」といった情報をチェックしましょう。特に注意したいのは、一ページだけで帰ってしまう人が多い場合でしょう。このような傾向が強い場合は、欲しい情報が手に入らなかったので帰ってしまった人以外に、「次にどこにいけばいいのか、よく分からなくて帰ってしまった」という可能性があります。つまりはコンテンツの内容ではなく、サイトデザインがいまいち悪い、と言うことが分かるのです。このように、単純なアクセス数ばかりではなく、どのような傾向があるのかを見てサイトの改善につなげていくことが、上級者への第一歩と言えます。

ホームページの作成を依頼するには、やはりホームページ制作の実績がある所がいいですよね。しかし実績は無くても丁寧に仕事をしてくれる会社もあります。

© Copyright The Important Thing. All Rights Reserved.