誰もが読みたくなるホームページを作るには?

読み手のことを考えて作る

ホームページを作るときに一番大切なことは、読み手のことをまず考えることです。そのページがどんな年齢の、どんな興味を持っている人を対象にしているかはっきりさせておかないと、焦点の定まらないホームページになってしまいます。例えば、20代の人と40代の人では、興味も関心も異なっています。またホームページの言葉の使い方も年齢が変われば、変化させなければなりません。
ターゲットとなる内容が決まったら、その読み手に訴えたいことを考えます。この時も読み手のことをまず考えて、決めることが大切です。ネット上のページの場合、クリック一つで他のページに移動できます。読み手の興味を惹きつけるには、訴えたい内容を明確にしておくことが必要です。例えば抜け毛対策だったら、一番有効な対策をはっきりと書きます。

デザインにも注意する

ホームページの場合は、そこに書かれている情報が一番大切ですが、それ以外の要素にも気を配らなければなりません。文字ばかりでは、読み手に対する負担が大きくなります。また読みにくさを感じるようになるので、他のページに移動してしまうかもしれません。読み手の読みやすさを考えて、適度なスペースを取って言葉を並べて、適度に画像を配置することが重要です。
ページの色合いも大切です。できるだけ明るい色合いが好まれますが、法律のようなシリアスな内容を含むページだったら、あまり明るすぎると敬遠される恐れがあります。ページの内容とよくマッチした色を使うようにしてください。最近はスマートフォンから見る人も多いので、読み手の視線の動きを考えて、縦長のページを作成するよう心がけるのも忘れないでください。

ホームページ制作の見積もりを依頼するときは、複数の会社に依頼して相見積もりをとることが大切です。内容をきちんと比較して、価格に見合ったサイトを作りましょう。

© Copyright The Important Thing. All Rights Reserved.