何を作りたい?ホームページの形を決めよう!

「文章」を書きたいなら、ブログ型レイアウト

ホームページにはさまざまなデザインがあります。文章だけのシンプルなもの、アニメーションや動画がながれる豪華なもの…。今回は、初心者さんでも扱いやすいホームページの形を紹介します。
まず、ひとつ目は「ブログ型レイアウト」。ブログというのは、インターネット上で公開されている日記です。写真も使いつつ、文章をメインのホームページを作りたい方におすすめの形です。
まず、ページを縦に「ヘッダー」「メイン」「フッター」と3分割します。ヘッダーにはホームページのタイトルやキャッチコピーを、フッターには著作権情報や連絡先などを書きましょう。メインの部分は更に左右に2分割します。横幅広めの「コンテンツ」エリアと、横幅狭めの「サイド」エリアです。コンテンツエリアには記事本文を、サイドエリアには月間アーカイブやカテゴリメニューなど、記事を探しやすくするようなメニュー・ナビを配置しましょう。このような配置にすることで「記事を読む場所」「記事を探す場所」が明確になり、読みやすいサイトが作れます。

「画像」を載せたいなら、カード型もおすすめ

自分で撮った写真や作成した画像を載せたい場合は、「カード型レイアウト」もおすすめです。ブログ型レイアウトの欠点は、メニュー部分がサイドエリアのみと小さく、カタログのように写真を並べたい時には不向きとなることです。
カード型レイアウトを作成する際には、まず、ホームページに載せたいコンテンツを「カード」にしましょう。カードには、やや小さめにおさえたサムネイル画像と、コンテンツのタイトルになるものを載せます。カードをたくさん作ったら、ホームページにどんどんと並べていきます。すると、カタログのような画像の綺麗なホームページの完成です。カードにはナビゲーションの役割をもたせ、クリックすると各コンテンツの詳細ページに飛ばすようにすると、コンテンツもたくさん載せられ、より充実したホームページとなりますよ。

© Copyright The Important Thing. All Rights Reserved.